飲食店で失敗しない職場の選び方について(経営編)【その8】twitterは最高の販促ツール!!

twitterは最高の販促ツール!!

小鳥がさえずる青いロゴ。twitterはネット検索で初来店を促すのに最高の販促ツールです。
twitterを用いた販促活動の仕方をお伝えします。

あなたのお店をtwitterで検索してみてください。でてきたら嬉しいですよね。次に、あなたのお店のメインのお料理を検索してみてください。これらは山のように出てきますよね。

今日食べたとか、おいしいとか、いろいろなことが書かれていると思います。twitterがなぜ販促ツールになるかというと、これらの呟きをしている方達が、あなたのお店に関心を持ち、実際にきてくれるようになるからです。

そこで、その方達のつぶやきにハート=いいねをつけて、関心を持ってもらうようにするのです。

twitterによる販促活動 その1 ハート=いいねをつけ続ける。

あなたのお店のジャンルの料理を検索して、ハート=いいねをつけ続けます。

メインの料理が「そば」「うどん」のように、一般的な検索ワードだと検索ヒット数が多すぎて心が折れますので、「更科そば」、「稲庭うどん」にように内容を絞る、「東京」「札幌」のような地名をつけて自分のお店のエリアに絞る方法も有用です。自分がいいねを毎日続けられる言葉を選びましょう。1日300から500くらいでしょうか。その言葉を毎日検索し、いいねを押し続けます。コツは溜めないことです。慣れれば隙間時間で刻み刻みできるようになります。一年やると効果を実感できます。


呟いた方は、いいねをもらえると誰から貰えたのか気になるものです。それをきっかけにあなたのtwitterアカウントを見てもらえるようになるのです。従ってお店のアカウントが必要です。なければ、ぜひ作りましょう。

アカウントには、あなたのお店の料理や外観、内観の写真、ロゴを貼り、初めて読む方を意識したわかりやすいプロフィールを書きます。仕上げに自社ホームページのリンク先を貼れば完成です。なければ食べログのリンク先や無料のブログでもよいです。営業時間、住所、最寄駅、お客様が実際に行ける情報が必要です。

twitterによる販促活動 その2 こちらの発信について

twitterでの情報発信は2通りあります。ひとつは喜怒哀楽、日常のニュースまで個人のtwitterのように思うまま自由に呟くやり方。もう一つはお店の情報関連に絞るやり方です。

経験上でしか申し上げることができませんが、初めて飛んできた方が目にすることを考えますと、発信内容は、お店情報に関する事柄に絞ったほうがわかってもらえやすいです。また後の方で書きますが、自分のお店のリツィートで溢れるようになることからも同様のことが言えます。

徐々に、あなたのお店についてtweetする方が現れる

徐々に、あなたのお店についてtweetする方が現れてきます。そのときはコメントを入れてリツィートします。これで広報がひとつ完成します。時にフレンドリーに、時に真面目に、相手のtweetから何が喜ばれるか考えながらリツィートします。

有名人からtweetされたときはフォロワー数が伸びるチャンス

有名人からtweetされたときはフォロワー数が一気に伸びるチャンスです。つい気合をいれてリツィートしがちなのですが、「有名人が来た」みたいな張り紙をしない感覚といえばよいでしょうか、あっさりリツィートするにとどめる方が有名人からも喜ばれる気がします。以前ですが、そこからダイレクトメールが来て特別注文をうけたこともあります。

アナリティクスで確認を

PC版のtwitterには、自分のアカウントをどれだけ見てもらえたかが一目でわかるアナリティクスという機能があります。左タブの「もっとみる」から「アナリティクス」を設定します。継続すると数値がぐんぐん伸びていきますので、定期的に確認するとモチベーションアップにつながります。

実例

こちらは実例です。まったくtwitterをやらず、アカウントだけあった頃とtwitterを始めて一年以上経過した時のインプレッションの違いです。新規客が増えた実感がありました。

まったくtwitterをやらず、アカウントだけのとき
twitterを活用するようになって一年以上経過

やらない手はありません!

自分のお店のリツイートが溢れかえるようになってくると、それだけで単体の強力な口コミ、広報サイトのできあがりです。しかもこれらは無料でできることです。やらない手はありません。twitterでファンをつかみましょう。

次へ 【その9】twitter と instagram 、facebookの違いについて