飲食店で失敗しない職場の選び方について(面接編)【その1】面接の全体像

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」

中国の孫子の言葉です。

「彼」(飲食店)は採用のどこにウェイトを置いているのか、「己」(自分)は何を言うことができるのかを知っておくことは有益です。

飲食店からのチェック項目

飲食店からのチェック項目は、1人物評価→2条件面の確認の二つだけです。
条件面の確認とはあくまでも、飲食店にとって扱いやすいかの確認です。

自分からのチェック項目


働きやすい環境かの確認は自分からしなくてはなりません

面接の全体像


そこで、面接の全体像をこのようにしていきます。
1、2で十分にあなたの良さをアピールしてから、3を質問するのです。

1 人物評価

2 飲食店にとっての条件の確認

3 働きやすい環境かどうかの確認

どこまでよい環境を求めるか

働きやすい環境の全てを満たしているお店はなく、自分に必要な環境をどこまで満たしているかという視点で捉えた方がよいでしょう。
よい環境を要求するほど、それに応えられるお店は少なくなっていきます。
環境整備にはお金も事務手続も必要になってきます。特に個人店のお店ですと、そこまで手がまわらないことがほとんどでしょう。

勤務時間が長いほど働きやすい環境が重要になってきますので、ご自分の勤務する時間から考えてみましょう。

次へ 【その2】勤務する時間から考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください