飲食店で失敗しない職場の選び方について(起業編)【その5】店舗を決める

実録

私が思い描いていた店舗は、

①やすい家賃が見込めるテイクアウト専門店
②将来的に他店舗出店できるシンプルメニュー&オペレーション

です。

そのため、会社を起業してからの物件探しには時間をあてる予定でした。


ところが、出店業態資料を方々にお配りしたところ、物件の仲介人からコンテナキッチンのよい物件を紹介され、あれよあれよと契約にまで至ってしまいました。

気に入ったところ

私が気に入ったところは、

場所
昼夜通行人の交通量が多い
下北沢駅(西口)から徒歩2分
自転車で通える距離である

条件
すでに厨房設備が整っている必要な追加の備品を購入するだけ。
敷金が1ヶ月分しかかからない
退去の条件が一般的な契約よりも緩い
(3ヶ月前に解約申し入れ、解約金なし)

です。

マイナス条件としては助成金関係です。
イートイン物件ではないので、国からのコロナ助成金関係は見込めません。

決める

2021年2月初頭のころのお話です。
コロナも5月頃には一旦落ち着くだろうという目算で、助成金なくてもいけるだろうと決めました。

資本金として準備した210万円が、契約金と必要備品の購入でごっそりなくなりました。

下の動画は、駅から物件まで実際に撮影したものです。

次へ 【その6】出店まで