飲食店で失敗しない職場の選び方について(採用編)【その5】環境は突然変わる

環境は突然変わる

自分で見つけて自分で決めたお店。一から学んで、仲間ともうまくいき、心からこの店で働けてよかった。
しかし、様々な理由から、一瞬でこの心地よい世界が変わってしまう時があります。そのとき、この「有事」をどう受け止め、乗り切るかということもまた大切なことです。

営業方針が変わる 

晴れていた空が曇りはじめ、大雨が降ってきた。
上層から指示が降ってくる営業方針の変更はこれと似ています。それまでお客様から喜ばれていたサービスがなくなった。違和感しかない新しい仕事が加わった。お店が閉店することにあった。別の店に移って欲しいと言われた。営業方針の変更は、何かを削って利益を出そうする場合と、何かを付け加えて利益を出そうとする場合が多いです。うまくいくかはさておき・・・

【その6】営業方針が変わる

店長が変わる 

チェーン店では定期的に社員の異動があります。店長の異動はその筆頭です。それまで尊敬していた店長が異動になった。新しい店長がよい方ならいいですが、店長もいろいろです。これまで覚えてきたやり方を否定され、店長が気に入らないと目の敵にされる、そんな場合もあります。強力な人事権を発揮されたら逆らえません。なかなかにしんどい話です・・・

【その7】店長が変わる

仲間が変わる 

なんでこんな人をお店は採用してしまったのかと思わずにはいられない。。
ルールは守らず遅刻もしてくる。メンバーのチームワークもガタガタになってきた。仲間達もその人に引っ張られて、よかったお店が変な方向に向かい始めている。そこへ、さらに新しい人がはいってきた。。この先どうなっちゃうの?

【その8】仲間が変わる

順にみていきましょう。

次へ 【その6】営業方針が変わる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください